お墓にも引っ越し

これからのことを考えて

最近、昔ながらの先祖代々のお墓の引越しが頻繁に行われるようになってきました。その理由はさまざまですが、お墓の面倒を見てくれる子孫がいなくて墓じまいをする場合や、子孫がいても生活に便利な都会のお墓や納骨堂へ遺骨を移動させる場合などが、おもな理由のようです。現在、日本では少子化が進んでいます。その子供たちが大人になれば、田舎にとどまらずに大半は都会へ出て行ってしまいます。その結果、高齢者だけでお墓を守ることが困難になり、思い切って都会へ引越しするという選択が増えているようです。地方の過疎化や都会への人口集中は、このようなお墓の引越しという現象を生み出しました。今後このような社会状態が続けば、ますます墓じまいや引越しが増加することになりそうです。

移動させることにはしたけれど

いざお墓を引越するとなれば、それにはそれなりの注意や準備、費用が当然ながら必要となってきます。運搬業者や石材会社とのやりとりはもちろん、もしお墓がある場所がお寺の場合は、住職とのやりとりや引っ越し先の管理者とのやりとりも必要です。とくに注意が必要なのは、お寺から別の場所へ移動させるケースです。お寺から移動することは、すなわち檀家をやめることになります。それゆえに住職によっては、それをあまり快く思わない場合もあり、トラブルが発生することがあります。また費用に関しても、お墓があった場所を更地にしたり墓石を撤去する際の工事費用や運搬料も必要になりますので、決して安価な料金というわけにはいきません。よってお墓の引越しを考える場合、前もって業者の下調べや情報収集をしておくことをお勧めします。

ページのトップへ戻る