限られた人での式

事前に了承を得ておくことが大切

家族葬とは家族のみで行う葬儀のことです。参列者への気遣いがなく、準備も簡素化できるため、故人をしのぶ時間をゆっくりととることができるといったメリットがあります。葬儀の内容は一般的な葬儀とさほど違いはありませんので、一般的な葬儀社にまかせることができますが、家族葬ならではの注意も必要です。 まず、家族葬を行うには親戚一同に同意を得る必要があります。参列をご遠慮いただくからです。しかし、特に故人のきょうだいなど近い親戚の方々からは、どうしても参列したいという要望が出ることがあります。そうした場合は無理にご辞退いただかず、参列していただくのが無難でしょう。こうした話し合いは亡くなられた後では手間がかかるため、生前から行っておくとよりスムーズです。

一般の方への配慮について

故人の葬儀に参列したいという要望は、親戚に限ったことではありません。故人と古いおつきあいのある方の中には参列を希望される方もいます。そうした一般の方に対する対応は、ご家族によって様々です。故人の親友にあたる方は参列をしていただくというご家族もありますし、一切お断りする方まで様々です。 家族葬を行う場合、亡くなられた際に、身内のみで葬儀を行うことと香典はご遠慮いただく旨を記した文書を用意します。一切参列をお断りするという方は、葬儀日程を伏せるケースが一般的です。香典を辞退すると知らせても、後日弔問に訪れてくれる方は少なからずいらっしゃいます。予め失礼のないように、若干数の返礼品を用意しておくことも大切です。

ページのトップへ戻る