永代供養

屋内型も多い永代供養墓

子供がいない、あるいは遠方に住んでいる、そういったご夫婦に選ばれているのが永代供養墓です。 これは、一般的な墓石を建てるタイプのお墓とは少し違い、お骨を納めるスペースだけが用意されていることがほとんどです。 寺院や宗教法人が運営している永代供養墓は、その宗派に限られますが、そこのお墓に入っている人を住職が永久的に供養してくれます。お骨だけを納めることから、納骨堂と呼ばれているところもあります。 屋内型も多く、駅から近く交通の便が良い、雨天でもお参りしやすい点などが人気です。 個人用だけでなく、夫婦一緒に入れる夫婦墓もあります。夫婦墓のなかには、戸籍上は婚姻関係ではない、いわゆる事実婚でも一緒に入れるものもあります。

一般的なお墓よりも安価

永代供養墓は一般的なお墓よりも価格が安いという特徴があります。 一般的なお墓はお墓を建てる土地の使用権、墓石代、霊園の管理費などがかかります。寺院ですと檀家になる必要があるところが多く、檀家料なども必要に、なってきます。これら全て合わせ、夫婦墓ですと150万円から250万円が平均です。 墓石を建てない永代供養墓ですと墓石代はかかりませんし、土地代、管理費、檀家料など全て合わせた価格になっていることがほとんどです。 お骨は一定期間が過ぎると土に還すケースが多く、その期間によっては10万円以下の夫婦墓などもあります。 土に還したあとも供養は永続的に、行われます。他の方のお骨と一緒に土に還すことから、合祀墓と呼ばれることもあります。

ページのトップへ戻る