納骨堂の概要

墓石、霊園、納骨堂に関することを知っているつもりでも、詳しくは知らないという人が多いです。考える時期は必ず来るので、このようなことは知っていて損はありません。納骨堂とは、遺骨を納めて祭祀する施設ですが、元々は祭祀する施設ではありませんでした。一時的に遺骨を収蔵するための施設だったのですが、人々のライフスタイルの変化や、社会性の変化などから、恒久的に遺骨を納めていくように変わっていきます。シンプルなロッカー型が一般的でしたが、昭和40年ごろになると、仏壇型や墓石型など種類が増えていきました。また、運営主体の種類も様々あります。民営、光栄、寺院がありますが、それぞれ特徴が異なります。民営は、宗教法人や財団法人などが運営していて、宣伝や販売なども民間企業が行っています。それに対し公演は、希望者を抽選して当然した人が利用することができます。寺院は、檀家としての付き合いになります。現在では、お寺と付き合っていくのが煩わしいと感じる人が多いのですが、納骨堂で寺院を利用する場合は、檀家になる必要はありません。

納骨堂を利用するメリットとしては、天気が悪くてもお参りができることや、設備がしっかりしているので年配の方でも利用しやすい、維持管理も必要がない、立地が良い場合が多い、費用を安く抑えられる、などがあります。一般的な霊園墓地と比較すると、このようなメリットがあります。霊園墓地よりも、価格、費用が安いので、納骨堂を利用する人が増えてきています。

ページのトップへ戻る